天気を心配しながら出漁 船釣り(5人)

天気予報が波の高さ1mと言っていたので多少心配しながらワンダー(釣具屋)へ。
先にエサ買った釣り客が「5時の予報で強風波浪注意報が出たで!」と言い残して
釣り場に向かった。強風波浪注意報が出たなら中止にするところだが、既に全員が
釣具屋に集合し、もう止まらない。行くしかない。6時過ぎ出港!意外と波が小さい。
このまま持ってくれー!と祈りつつ飛ばす。目指すポイントには既に釣り船が4隻も
竿を出している。近づいてみると、ありゃりゃ漁船が釣りをさせまいと見張ってるの?
いや、漁師が漁船4隻連ねてメバルを釣っている。タテ網で捕るより釣る方が効率が
良い事に気づいたのかな?邪魔にならぬよう慎重にアンカーを入れる場所を選んで
いたら漁師が怒鳴った。おいおいイカリを打つなって言よーるで!ようわからんから
近くに寄って聞いてみよう。「ここで釣ったらいけんのですか?」と聞けば「アンカー
ロープを絡ませんようにせい」とのことで一安心。控えめに、間違っても漁船の邪魔
をしないようにアンカーを入れ、釣り開始。第一投からヒット!次第に入れ食いになり
おもりが底に付いた途端に釣れてる状態に、マ@坊さん曰く「釣れすぎて面白うない
なぁ!」さすがに名人の言うことは違う。こっちはこういう状態が大好きでウハウハ!
入れ食いのところで雨が降り始め、漁船が帰り支度をし始めた。そこへセトムア号が
やって来た。大勢乗っていて非常に賑やかだ。魚礁を2個またいで、あとで釣ろうと思
っていた後ろのポイントに、アンカーロープをまたいで付けられてしまった。こちらは
身動きがとれなくなり、セトムア号はこっちのアンカーロープを釣るようになってる。
風に押され潮が変わり、何度か移動する。メバルの食いも次第に渋くなっていったが
さすがにマ@坊名人だけはひとり入れ食いを続けていた。雨は降ったり止んだり。
初めのうちはベタ凪で天気予報またも外れ。遅くなって風は出たが強風波浪注意報
にはほど遠い。雨が本降りになり11時過ぎに納竿。322匹は上々の釣果でした。
入れ食いは快感!メバル絶好調!

5人の釣果
メバル・ホゴ  16〜26cm  322匹


表示したい画像をクリックしてください。