そろそろ終盤夏メバル!

9月2日(木)
クラタンが5時過ぎ、カスガ釣り具に青虫3000円買いに行けば、本日青虫を買
った客は2人目だそうだ。最初の客は500円!エサが売れないので痩せて元気
がない。昨年もそうだったが釣具屋のくせに「3000円も買うてどうするんにゃ?」
って大きなお世話じゃ!毎回買うとるんじゃけぇ判ろうがぁ!サービスせい!
お盆前に終わってしまった夏メバル。終わったはずのメバルが密かに爆釣して
います。お盆前から、夜釣りのボートは全く見かけません。マンガン引きの漁船
は、せっせと熱心に残業しているのに。釣り人は怠慢です。
各ポイントが次第に釣れなくなり、もう一カ所だけじゃなあ!と、ポイントに直行
すれば、あっちゃ〜!漁船が釣りをしている!どうしようか?他に行っても釣れ
ないしなあ!流し釣りで釣っているので、こちらも取りあえず漁船が帰るまでは
刺激しない様にと、デッキライトさえ灯さず、片アンカーで釣り始めた。ところが
いきなり入れ食いつけ食い!ダブルトリプルと大忙し!しかし、真っ暗な状態で
釣るのは手返し悪く、トラブル処理に時間がかかりまどろっこしい。しかも、名人
ク○タンはメバルを絞めるのに忙しく、満足に糸を垂れていない。もちろん本人
は不本意であるが、美味しいメバルを持って帰らねば・・・とよくやってくれる。
先の漁師は案の定、帰りがけに近寄り、「夜釣りはいけんど!」と、嫌がらせ
攻撃を仕掛けてきた。「電気点けてなくてもいけないんですか?」と聞いたら、
「夜焚きをしたら保安庁を呼ぶど!岸から見えるけーの!」真っ暗で釣ってる
相手に、まあ何とご丁寧な脅しだこと!初めの一言で尻尾巻いて逃げるのが
普通であるが、真っ暗で片アンカーでも、入れ食い入れ食いの大爆釣なもの
ですから、元気良く「は〜い!わかりました。」と手を振ってお見送りしました。
ここで法律がどうだのってやり合えば、二度とここに来れなくなるという他船
の教訓を得ているし、ハンデを科せられても釣れるもん!
抱卵を前にしたメバルは異常に食いきが良く、その直後、終焉を迎えます。
今度は沖から底引き漁船が近付き、そばに停まって当船にライトを当て、観察
している。釣況を見てるのか?アンカーを見てるのか?非常に気持ち悪い!
また何か言いたげだが、後ろのアンカーが上がっているのを見て、苦情を言う
ネタが見つからなかったようで、すごすごと帰っていった。
その間にOさんに大物ヒット!漁師を刺激したくないので「今、揚げるな!」と
制している間にバラしてしまった。10時、エサがほとんど無くなったので、
帰りに近場の調査。フェイントをかけて近場のメバルが復活しているかも?
やっぱりな・・・天国と地獄、同じ海なのか?近場は川かも知れない。

4人の釣果
メバル・ホゴ 170匹
アコウ       3匹
タ イ       4匹
チ ヌ        1匹
グ レ       2匹
タナゴ       1匹
------------------------------------
合計     約181匹


あ〜ん!もう終わってしまう〜!

9月4日(土)
福山港を出て間もなく前方に怪しき釣り船発見!最近、mebaru.comの他では
唯一、半夜釣りに出ている遊漁船○ッ○○だ。向かう方向はやっぱり同じだ。
追い越して先を急ぐが、ずっと後を付いてくる。西からの強風により、入れ食い
ポイントを諦め、今シーズン初めての風裏の磯を試す。遊漁船も遅れて到着、
1キロ西の沈み磯に付けた。やっぱり、推理したとおりここで釣ってたんだ。
最初は潮がゆっくりで、もたれ入れ食い。型も良いし肉厚の上質メバルだ。
アコウの38cmも出た。潮が止まると魚信が途絶え、ちょっと動けばパタパタ
っと釣れるものの、盛り上がりに欠け、辛抱しきれなくなって反対側に移動。
遊漁船は同じに根でじっと釣っている。お〜お〜10人以上乗っているぞ。
入れ食いポイントに移動するが、思った通り風と大波でボートがずれてしまい
何度打ち替えてもうまくいかない。しかも、青いのがほとんどでちょっとね。
やっぱり、大荒れの日に、灯り無しの片アンカーでは豊漁は望めませんね。
またまた辛抱出来なくなり、元の方に移動する。遊魚船は同じ根にいるが、
大波を尻から受ける方向で停まっている。ハテナ?素人じゃあるまいし・・・と
舳先に回ると、舳先から水面に大きな集魚灯を降ろしており、急停止すると、
あわてて電気を消し、集魚灯をあげている。あ〜あ!見ちゃったもんね〜。
やっぱり、釣果をあげて客を引きつけるためには、何でもやるよね?しかし、
最もうるさい漁協のそばでやるかなぁ?○○○○丸の様にトラブル起こして、
釣りに来られなくなったりしない様に、お互い気を付けましょうね?

4人の釣果
メバル・ホゴ
アコウ・アジ
タイ・キス
------------------------------------
 合計 約60匹


終わりにしよう!太刀魚に専念。

9月19日(土)
釣れたのか?釣れなかったのか?びみょ〜な釣果ですね。ちなみにike
は26匹釣りましたが・・・。釣り場到着、竿を出す準備をしていると、強力な
サーチライトで照らされ、プレジャーボートで保安庁が来た。最近釣り船は
mebaru.com しか出てないのに、何しに保安庁が?ヘリコプター落としたし。
密漁の取締りでしょうかね?「何しようるんか?何人か?どこから来たか?
船長はドイツだ?屋根に付いている筒は何だ?」と次々に職務質問する。
御上に義務づけられたレーダーリフレクターまで怪しい道具だと疑いよる。
釣りに決まってるし、集魚灯点けてないし、ライフジャケットも着用してるし、
ご苦労なこった。去るのか?と思ったらまた接近してきて「海の手帳」なる
冊子をタマ網で渡して「集魚灯は禁止ですよ!」と捨てゼリフを残して西方
に消えた。立派な紙を使った潮汐表だ。こりゃまた天下り団体が一冊数千円
で刷っている、税金無駄遣いの冊子に違いない。
今の時期、集魚効果全然無いし、漁師がデッキライトも点けるな!両アンカー
は許さん!って保安庁より厳しいんだから、見回りに来なくていいのに。

5人の釣果
メバル・ホゴ
アコウ・アジ
タイ・キス
------------------------------------
 合計 約80匹


表示したい画像をクリックしてください